サプライヤー企業のWebマーケティング 導入事例

ニッチな加工技術を詳しく解説、具体的な問い合わせを獲得することに成功

COMPANY PROFILE

会社名
株式会社協友製作所
担当者名
代表取締役 角崎 正太郎 様
事業内容
機械加工、摩擦攪拌接合
サイトURL
http://kyoyu-ss.co.jp/
導入サービス
Webサイト制作、Webコンサルティング

サービスの導入効果

株式会社協友製作所では「摩擦攪拌接合(FSW)」という特殊な接合技術で、金属の接合を行っています。摩擦攪拌接合は、先端の突起のある円筒状のツールを回転、同時に強い力で押し付けて摩擦熱(母材融点以下)で母材を軟化させ、塑性流動させて練り混ぜることで、複数の部材を一体化する接合方法です。(※株式会社協友製作所のWebサイトより)

展示会への出展に合わせ、補助金の活用をするということでWebサイトのリニューアルをすることになり、以前に提案をしていた弊社へ声をかけて頂きました。

リニューアル前のWebサイトではこの技術そのものの説明がなく、一般的な機械加工をしている会社としてのWebサイトでした。

この特徴的な技術の説明を追加するとともに、製作しているものも「コールドプレート」「バックングプレート」「真空装置」と特徴のあるものそれぞれの説明を加えました。結果、一般的な機械加工業者から特殊な技術で、特定の製品を製作している会社へと特徴を出すことに成功しました。

それにより、これまで一般的な機械加工の相見積もりと思われるものしか来なかった問い合わせが、特定の技術での加工や特定の製品の製作の見積もりなど、問い合わせがより具体的になり、受注率も大幅に改善しました。

Webマーケティング施策の概要

まず、わかりにくい摩擦攪拌接合という技術をわかりやすく説明するのはもちろんですが、それによってどんな課題を解決できるのかということに焦点を当ててコンテンツ作りをしました。具体的には摩擦攪拌接合のページの冒頭で

アルミや銅製品の接合でお困りではありませんか?

と課題解決に繋がるような文言からスタートさせ、まずは現状抱えているであろう課題、そしてそれらの課題がこの技術で解決できることを説明。最後に既存技術との比較として、メリット・デメリットを列挙するという構成にしています。こうすることでユーザーが自然な流れで技術を理解できると共に、問い合わせへの導線を作ることができます。

また、製品事例は製品1つに対して1ページ作ることで、細かなキーワードでのSEO対策をすると共に、カテゴリページにはそれぞれそのカテゴリの説明コンテンツを加えることで、大枠の製品名でのSEO対策をしています。

結果、技術名、製品カテゴリ名共に、検索結果のTOP10以内に入ることができ、大幅なアクセス数のアップにつながり、問い合わせも具体的で仕事に繋がりやすい案件を多く獲得できるようになりました。

お客様の声:代表取締役 角崎 様

導入前の課題

リニューアルする前のWebサイトはかなり昔に作成したものでした。新着情報はこちらで更新できるようなシステムで納品してもらっていたものの、しばらく放置してしまったことで更新の仕方もわからなくなってしまい、結果Webサイトそのものが放置状態になってしまっていました。運営に関してもアクセス解析ツールも設置されていなかったので、見られているのかもよくわからず、存在しているだけという状態でした。

候補サービスやサービスの比較はなにか考えましたか?

他の会社とのサービス比較は特にしませんでした。

リニューアルしたのは2019年ですが、実はずっと以前からテクノポートさんのことは知っていて、製造業のホームページ制作において実績のある会社なので、自社のリニューアルのタイミングが来たときにはここに依頼しようと密かに心に決めていました。

この度、小規模事業者持続化補助金という制度があると聞き、Webサイト制作にも使えること、ちょうど展示会に出展しようと思っていたことが重なり、連絡をしてそのまま依頼しました。

導入後のサポートについてはいかがですか?

訪問は3ヵ月に1度ですが、その都度、弊社の顧問と一緒に今後の対策について打ち合わせをしながら進めています。以前の制作会社だと自分で更新内容等を考えないといけないこともあり、結果として放置状態になってしまったので、定期的な訪問と打ち合わせの機会があるのは大きいですね。

まだ公開してから1年ぐらいのサイトですが、Webサイトからの問い合わせも増え、アクセス解析の内容も元に更新の内容を一緒に考えることが出来るので、こちらも資料を準備しやすいです。

当初は展示会との相応効果を狙って制作したWebサイトですが、コロナ禍もあり、展示会が開催されなくなってしまったので、Webサイトの更新に力を入れています。公開後も加工製品事例の追加や、わかりやすい説明の追加など、内容はどんどん良くなってきているので、今後も更新を続けていきたいです。

先輩ユーザからのアドバイスがあれば

実はWebサイトをリニューアルして、具体的な案件の問い合わせも増えましたが、問い合わせからの営業メールも増えたんです。でもそれってこれまでよりも多くのユーザーからアクセスしてもらえている結果なのかなと、プラスに考えるようになりました。確かに営業のメールを度々消すのは面倒な作業ではありますが、それよりも仕事に繋がる問い合わせが増えることを考えれば、そんなに苦にはなりません。

弊社も一般的な機械加工会社ではない会社として、認知されることができつつあるので、自社には特徴がないと思っている方も、一度話だけでもしてみればいいと思います。テクノポートさんなら自社の強みとそれをどうすれば必要としている人に届けられるかということを提案してくれると思います。

今後の展望は?

Webサイト制作にあたって、日本語のWebサイトと一緒に英語版のページも作成しているんですが、まだ海外からの問い合わせには至っていないのが現状です。今後は英語版でのSEO対策も進めながらグローバルに展開できればうれしいですね。