加工技術

コロナ禍のニーズに合わせたWebマーケティングで顧客開拓

宮崎製作所 事例

COMPANY PROFILE

会社名
有限会社宮崎製作所
担当者名
代表取締役 宮崎 光一様
事業内容
樹脂切削加工
サイトURL
https://miyazaki-factory.com/
導入サービス
Webサイト制作、Webコンサルティング 

有限会社宮崎製作所は、マシニングセンターを主軸とした高精度な樹脂切削を行っている会社です。
リニューアル前のWebサイト制作は知り合いに頼んで制作しましたが、なかなか思うような成果が得られませんでした。次回のリニューアルでは、業界に精通した会社にお願いしたいということで、新たにWeb制作会社を探索する中で、取引先からの紹介で弊社と出会いました。

Webサイトリニューアルの効果

新規の問い合わせは月平均4~5件ほど、こちらから営業をかけても取り合ってくれないような大手メーカーからも引き合いが来ています。

単発で終わってしまう案件も多いですが、中には継続的な取引が始まった会社もあり、営業の武器として活躍しています。

また、昨年から始めたアクリルパーテーションのオーダーメイド製作は、問い合わせが急増しています。

樹脂切削加工品

Webマーケティング施策の概要

同社は樹脂切削加工にて、他社には負けない特殊な技術を持っているわけではなく、特殊技術で売り出そうとはお客様も考えていませんでした。業界に出回っている仕事の大半はどこでもできる仕事で、「この会社じゃなきゃできない」という仕事は本当にごくわずかです。

そのため、どこでもできる仕事をどのように自社に呼び込めるか、その仕事を受注につなげるには何を訴求すれば良いか、という視点で企画しました。ユーザーのニーズは技術だけではなく、不具合が起こったときにすぐに駆けつけ対応してくれるなど、レスポンスを求めるケースが非常に多いです。

すべての会社を比較検討して依頼することは不可能なため、予算の範囲内で対応の良さそうな会社があれば、すぐに発注することもよくあります。同社は東京都大田区にあります。仕事の集まりやすい東京にて、交通の便が良いのが特徴。羽田空港も近く、空輸での配送も可能です。

また、営業は代表の宮崎社長が行っており、問い合わせがあれば翌日には簡易サンプルを作って訪問するほどにフットワークが軽く、対応力にすぐれていますそのため、先程のニーズに合致する強みを持っており、今までもその強みで多くのお客様を獲得してきました。

上記のように、ユーザーのニーズと強みを合致させる方向でWebサイト制作を行いました。

具体的施策

利便性の訴求

対応力を求めるユーザーは、トラブルがあった際にすぐ対応してもらえるように近場の会社を希望します。そのため、地域を絞った形でのキーワード対策と利便性の良い立地の訴求を行いました。
「樹脂切削 東京」検索1位

製作可否対応

急いでいるお客様が求める情報は、見積もりの前にまずは製作できるかどうかです。そのため、製作可否のスピード対応を説明するページとキーワード対策を行いました。
「樹脂切削 特急」検索1位

樹脂切削 東京
樹脂切削 特急

2021年3月現在の検索結果

お客様の声 代表取締役 宮崎 光一様

Webサイトリニューアルを弊社へ依頼した理由は?

宮崎社長

テクノポートさんにお願いしたのが4年前。その前にも2回Webサイトを作成していました。最初は安ければ良いと思い、知り合いに頼んで作ってもらったんですけど、問い合わせには繋がりませんでした。

その後、別の人にリニューアルをお願いし、それっぽいきれいなWebサイトができたのですが、作りっぱなしで反響なしでした。そこから、「今後は営業するにしてもインターネットの時代だ」と考え、再度制作会社を調べたのが4年前です。

お付き合いのある製造業者のWebサイトが雰囲気良かったので、紹介していただいたのがテクノポートさんでした。お願いした決め手は、やはり製造業に理解があること。製造業界に理解がない人が作っても、良いものができないと思ったからです。

導入後のサポートについてはいかがですか?

よくやっていただいています。正直、最初はWebサイトを育てるという意味がわかりませんでした。しかし、定期的なサポートにてアドバイスをもらい、コンテンツを追加することで問い合わせが増えることを体感し、その意味が理解できました。

最近ではコロナ禍でアクリルパーテーションの需要が高いため、それに合わせたページ作成。こうすることで、パーテーションの問い合わせが急増しました。

世の中のニーズに合わせ、Webサイトを作り込んでいくことの重要性を感じています。

先輩からのアドバイス

待っていても仕事は来ないので、行動あるのみです。きっかけはWebサイトでも、その後のフォローで受注になるかどうかは大きく変わります。

弊社の場合はご縁があれば、すぐに訪問しています。すぐに訪問することで良い印象を持ってもらい、たとえ該当の案件が受注できなかったとしても、次に繋がることがあります。

コロナ禍で難しい部分はありますが、それでも対面の良さを大事にし、待っているお客様も中にはいらっしゃいます。

宮崎製作所の今後の展望は?

弊社はテクノWING大田という工場集合アパートに所在しています。テクノWING全体で、試作から完成品まで対応できることをPRしたいです。

協力工場の中には、うまくPRできずに埋もれてしまっている会社や技術がたくさんあるので、横の連携を強め、集合体として仕事を獲得できる仕組みが作れればと考えています。

→樹脂切削のことなら宮崎製作所へ

宮崎製作所 テクノWING